二人目 妊娠 タイミング 年齢差

正社員 派遣

二人目がほしいけど、仕事はどうする?復帰してすぐの妊娠ってあり?ベストタイミングを解説。

投稿日:

出来れば子供は2人、もしくは3人欲しいと思っているママさんのお悩みに、

2人目以降のタイミングはどうしたらいい?

というのがあります。

できれば早く欲しいけど、

  • 仕事に今年復帰したばかりで、気まずい。
  • また産休に入ったら、今後のキャリアが不安。

など、ママのお仕事がどうなってしまうのか不安でなかなか二人目妊活に取り組めないという方も多いのでは。

ここではどんなタイミングで二人目以降を計画すればよいのかをみていきたいと思います。

二人目のベストタイミングは、ママが今後のお仕事をどうしたいかによって異なる。

育児 仕事 フルタイム 両立

二人目のタイミングはいつが良いのかというと、ワーキングママの場合は職場環境や働き方によって異なってきます。

パターンとしては、

  1. 一人目が0歳〜1歳ごろに早めに二人目妊娠・出産。
  2. 一人目が2〜4歳ごろで授乳やオムツ・イヤイヤなどがひと段落ついたタイミングで二人目妊娠・出産。
  3. 一人目が5歳以上で歳の離れた二人目妊娠・出産。

上記の3つ。

特に1か2・3で大きく状況が変わってきます。

仕事と育児をどうしたいかにより、どれがベストタイミングなのかを解説していきます。

早めに二人目で一気に休み、復帰後にしっかりキャリアを積むパターン。

二人目 妊娠 タイミング 年齢差

1のように早めに二人目をもうけて一気に育児をしてしまうというパターンは、以下のようなママさんにおすすめです。

  • 産休前までにしっかりと実績があり社内で信頼がある。
  • 長く仕事を離れても、ママ自身が不安にならない。
  • 子育て・育児に会社が理解がある。産休育休取得事例がすでに多数ある。

このパターンの場合は、育休から開けずに二人目の産休・育休に入るか、育休から復帰して数ヶ月〜1年以内に再び産休というかたちになります。

一人目がまだ小さいですが、手のかかる時期を一気に過ごしてしまい、その後は二人とも手のかからない時期までくればその後は仕事にも集中できるのがメリット。

一方、産休育休を近い期間に続けて取得するので、この期間で仕事のキャリアを積むことは難しいと言えます。

合計で3〜4年仕事場を離れることにもなり得ますので、一人目出産以前にしっかりと実績があり、数年のブランクが空いても信頼を持って迎えてもらえる環境が望ましいですね。

逆に、数年も離れたら仕事ができなくなってしまいそうで不安というママさんは、このパターンにはしないほうが良いでしょう。

二人目までは数年空け、仕事の実績を作ってから再び産休に入るパターン。

1とは異なり、上の子が3歳以上で二人目が生まれるパターン。

この場合は上の子の育休明けから二人目の産休までの期間が1年以上取れるので、この期間にもしっかりと仕事の実績や信頼を得やすくなります。

  • 産休に入る前までの実績が少ない。
  • 長く仕事を離れるのが不安。
  • 技術職などで長期で離れると仕事復帰が困難になる。
  • あまり産休育休取得事例が少なく、連続すると理解が得られない。

というような方は、こちらの年齢差のほうがおすすめです。

ただデメリットもあり、保育園送迎が二人合わせると8年〜10年ほどかかってしまうのは難点です。

周りを気にするよりも、あなたがどうしたいか。産休育休は認められている権利です。

二人目 妊娠 タイミング 年齢差

ワーキングママたちが特にきになるのは、周囲の人からの印象ですよね。

「このタイミングで二人目産休入ったら、迷惑かな。」

なんて思って、なかなか踏み出せないかもしれません。

ですが、実際のところは欲しいと思ってもそのタイミングで授かれるかどうかもわかりません。

二人目妊活で苦労されている方も実は多くいらっしゃるのです。

ですので、仕事やキャリアを見据えてのタイミングはありますが、一番は自分がどうしたいか

周りの環境に合わせるだけでなく、自分の気持ちを一番重視してくださいね。

あまりに理解が得られない会社の場合は、環境を変えることも視野に入れて。

いくらママが頑張っても、

  • 職場内で産休育休事例が少なく、理解を得られない。
  • 時短というだけで、やりたいことや責任のある仕事を全く任せてもらえない。

といったように理解が得られない場合は、理想のキャリアが実現できないかもしれません。

そんな場合は、環境を変えることも視野に入れてみましょう。

時短勤務で転職なんてできるの?と思うかもしれませんが、近年は働くママや女性を応援する企業が増えてきています。

そういった企業を見つけられれば、あなたの理想のキャリアが叶うかもしれません。

時短・正社員転職でママ支援企業が充実しているのは、女性専門転職サービスのリブズキャリア

時短やフレックス・在宅可というようなフレキシブルな働き方を応援する企業の求人が多く掲載されています。

私自身もリブズキャリアに登録し、かなり魅力的な求人を見つけられましたよ。

リブズキャリアについては以下のページにて詳しくご紹介しています。

ママ 産後 時短 転職サイト 転職エージェント リブズキャリア 子育て 正社員転職
女性特化の転職サービス「リブズキャリア」が育児ママ転職に超おすすめ!

最近は共働きが一般的になり、子育てママ向け転職市場は年々大きく広がってきています。 その理由の一つには、団塊世代が退職し、さらに少子化で優秀な管理職&新卒は減って行く。 そんな中で、優秀でスキルを持っ ...

続きを見る

また、子育てママにもう一つおすすめなのが、女性支援を大きく打ち出している派遣会社「テンプスタッフ」。

残業なし・時短などの求人のほか、週3日勤務などの案件も多く、育児と仕事の両立をしやすい働き方が実現出来ます。

毎日仕事がギリギリで大急ぎでお迎えに行ってヘトヘト…なんていうママさんは、派遣で残業なし・落ち着いた事務デスクワークをして一度落ち着いてみるのがおすすめです。

派遣であればパートとは異なり、キャリアが切れたとは認識されませんので、ある程度育児が落ち着いたらまた正社員にチャレンジする際にも有利ですよ。

育児ママ派遣サービス
子育て・育児主婦サポートのあるオススメ派遣会社はここ!

育児ママがお仕事を探す場合、最初に「地元でパート」と考えがちですが、実は派遣のお仕事がおすすめです。 派遣というと、 短期だけのお仕事 イベントなどの立ち仕事 学生が登録するもの というようなイメージ ...

続きを見る

自分の理想のキャリアを叶えられる仕事を見つけて、是非実現してみてくださいね。

転職・再就職成功のために。

子育てママの仕事探し応援サイト 1

育児ママが転職・就職活動をする際はどのように仕事探しをするのかが非常に重要です。 求人探しの方法は主に以下の2つがあります。 直接企業に応募する 転職サービスに登録し、希望にあった求人案件を見つける ...

子育て 育児 産休 時短 転職 正社員 2

これまでフルタイムでやりがいのある仕事をやってきた方は、産休・育休中に今後の働き方や仕事について考える方も多いのではないでしょうか。 また、育休復帰して既に働いている方でも、復帰したら以前と待遇が異な ...

育児ママ派遣サービス 3

育児ママがお仕事を探す場合、最初に「地元でパート」と考えがちですが、実は派遣のお仕事がおすすめです。 派遣というと、 短期だけのお仕事 イベントなどの立ち仕事 学生が登録するもの というようなイメージ ...

-正社員, 派遣
-, , ,

Copyright© 子育て主婦の仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.