103万の壁が無くなる?103万円超えたら税金はどうなる?2016年の法改正後、どう働くのが良い?

103万の壁 130万

税金がかからず扶養内でパートする…

主婦とアルバイト・パートといえばこれが一般的でしたよね。

ですが2016年10月から、この103万円の壁が無くなると言われています。

これまで103万円以内に抑えて働いていたパート主婦にとって、今後何が変わるのでしょうか?

※現在 法改正案が検討されている状態のため、2016年10月時点での内容となります。随時、更新していきます。

103万円の壁がなくなるとどうなるの?

これまで、パートアルバイト主婦の収入が103万円以下の場合、配偶者控除という制度により、夫の税金が控除され結果的に103万を超えて働くよりも世帯収入が多くなるという状況にありました。

ところが現在、この配偶者控除を無くす、ないしは150万円まで引き上げるという法改正が検討されています。

ですので、毎月の働く時間を調整したり、年末に年内103万円に抑える為にシフトを減らしたり…といったことが、意味をなさなくなってきてしまうのです。

130万の社会保険の壁も、新たな制度に。

これまで、103万円の壁とは別に、130万円の壁も存在しました。

130万の壁とは、社会保険の壁です。

パート主婦自身の収入が年収130万円を超えると、健康保険・年金を自身で納めなくてはなりません。

ところが2016年10月より、社会保険の適用拡大が開始されました!(→詳しい情報は厚生労働省HPへ)

これは、

  • 従業員501人以上の企業
  • 週20時間以上働く
  • 1ヶ月あたりの決まった賃金が88,000円以上

の場合は、社会保険加入が必要となります。

これまでは週30時間以上勤務の場合が加入対象だった為、週3日勤務などの場合は非加入の場合が多かったですが、仮に1日7時間勤務×週3日程度であれば、従業員501人以上の会社で働いていれば加入対象となるのです。

社会保険に加入すれば、老後の年金受取額が増えるなどメリットも多くありますが、目先の手取りが減ってしまうことは家計にとって打撃となることもありそうです。

103万円以下で社会保険加入対象になると、大きく手取りが減ってしまうかも。

これまでは103万円以内の配偶者控除を受け、保険でも旦那さんの扶養に入っていた場合はほとんど自己負担がありませんでしたが、大企業のパートなどで週数回の勤務をしていた場合、

  • 配偶者控除がなくなり、夫の税金が上がり手取りが下がる。
  • 自身が社会保険加入となり、社会保険・厚生年金の負担が増える。

という、ダブルの影響で手取りが大きく減ってしまう可能性があります。

この環境に対して、どのように働いて行くのが良いのでしょうか?

これまで通りの週3日働いて、社会保険の恩恵も受けて、手取りも増やそう!

103万の壁 130万

これまで通りの手取りを維持するには、2つの方法があります。

  1. 働く時間を増やして、収入を増やす。
  2. 時給の高い仕事にして、収入を増やす。

家事や育児がある主婦にとって、いきなりシフトを大幅に増やして働こうというのはなかなか難しいと思います。

ですので、これまでのように週3日などの働く頻度は維持したまま、収入を増やせるのが望ましいですね。

130万の壁もなくなるのであれば、しっかり収入を増やして、社会保険の恩恵も受けて、手取りも増やしましょう!

そのためには、時給の高いお仕事に変えるのが理想的です。

週2〜3日で時給高めのお仕事を探すには?

地元のアルバイトやパート求人などを見ると、時給800円や900円などが一般的だと思います。

この時給ですと、

800円×8時間/日×週3日×4週=月収 76,800円

となります。

ですが時給が仮に1500円だとすれば、同様の勤務でも

1500円×8時間/日×週3日×4週=月収 144,000円

と、倍近い数字に!

この月収であれば、税金で損するエリアを超えた年収になります。

時給1000円以上、1500円近くてフルタイムじゃなくても働けるのが、派遣のお仕事です。

派遣というと事務などでフルタイム勤務、というイメージがあるかもしれません。

ですが、実は週2〜4などの勤務頻度の求人も多くあるんです。

しかも派遣会社であれば社会保障もしっかりしているので、社会保険に加入してその恩恵を受けるメリットも多くあります。

主婦におすすめの派遣会社は?

派遣会社は様々ありますが、働く主婦にオススメの派遣会社はテンプスタッフです。

テンプスタッフには働く主婦の支援制度が充実しており、また仕事相談のカウンセリング時にも、働き方の要望を詳しく聞いてくれます。

私もテンプスタッフで以前登録していましたが、想像以上に いろんな勤務形態のお仕事が毎日メールで紹介を頂いてとても良かったです。

今後、法改正に合わせてニーズが増える事が見込まれるので、少しでもお仕事を変えようかなと検討している方は、早めに登録しておきましょう。

>>主婦にお勧めの派遣会社 テンプスタッフについて詳しくはこちら。

>>子育ても一息ついて、そろそろ正社員復帰したい。。。そんな方はこちらをチェック。

転職・再就職成功のために。

子育てママの仕事探し応援サイト 1

育児ママが転職・就職活動をする際はどのように仕事探しをするのかが非常に重要です。 求人探しの方法は主に以下の2つがあります。 直接企業に応募する 転職サービスに登録し、希望にあった求人案件を見つける ...

子育て 育児 産休 時短 転職 正社員 2

これまでフルタイムでやりがいのある仕事をやってきた方は、産休・育休中に今後の働き方や仕事について考える方も多いのではないでしょうか。 また、育休復帰して既に働いている方でも、復帰したら以前と待遇が異な ...

育児ママ派遣サービス 3

育児ママがお仕事を探す場合、最初に「地元でパート」と考えがちですが、実は派遣のお仕事がおすすめです。 派遣というと、 短期だけのお仕事 イベントなどの立ち仕事 学生が登録するもの というようなイメージ ...

-パートアルバイト, 派遣
-, ,

Copyright© 子育て主婦の仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.