二人目 教育費 家計

ワーママのための育児情報

二人目が出来たら教育費・家計はどうなる?出費の波が激しいのは3歳差!

投稿日:

育児って想像以上にお金がかかりますよね。

一人目の育児が落ち着いてきて、できれば兄弟が欲しいなと思っているけど

「もう一人出来たら倍お金がかかっちゃうの?」

と思うと、家計や将来のマネープランが心配でなかなか踏み切れないということも。

ここでは、二人目が生まれたら養育費や家計はどうなるのか、将来の出費のタイミング、どのようにやりくりすればよいのかなどを詳しく解説していきます。

子供が二人になっても、家計は2倍にはならない。

二人目 教育費 家計

子供が二人に増えると、日々のオムツ代などの生活費は多少増えますが、光熱費や住宅費などは大きく変わりません

食費もまだ子供が小さいうちは大きく増えることはないでしょう。

ですので、最も気をつけなくてはいけないのは学費などの教育費です。

保育園・小学校・中学校・高校・大学…と大きな額がかかるタイミングが何度か訪れます。

同じ時期に保育園に通えば、保育料が割引になることも。

二人目 教育費 家計

まず最初に訪れるのが、保育園費ですよね。

私立か公立か・また世帯収入により大きく変わりますが、毎月数万円〜多いと10万円以上かかることも。

それが倍になったらもう家計が無理!と思うかもしれませんが、多くの自治体や保育園では二人目が保育園入園する場合は割引制度を設けています。

国の基準では二人目は半額程度とされていますので、多くの自治体でも同様の設定になっているでしょう。不明な場合は、お住いの保育課に問い合わせれば教えてくれます。

ですので、保育園料は一人目の時と比較して、1.5倍程度になるというのが一般的です。

ちなみに3人目の場合は無料となる自治体が多くあります。できるだけ兄弟が多い方が良いという方には嬉しいですね。

年齢差によって小学校以降の養育費出費の波が異なる。波が激しいのは3歳差!

二人目 教育費 家計

最も気をつけなくてはいけないのが小学校以降・特に中・高・大学の入学のタイミングです。

私立に進学した場合は公立よりさらに学費がかかりますが、ここでは公立想定でご紹介します。

小学校に関しては授業料は無料ですが、教育関係費や塾・習い事を考慮すると一般的には年間で35〜40万円ほどの支出になります。

入学金などの一度に大きくかかる出費はありませんので、保育園に通っていた場合はその時期よりも出費が少なくなる場合もあり、貯めどきです。

大きく費用がかかってくるのは中学・高校・大学通学時。

一般的に、年間の平均教育費(入学金・塾代などの費用を含めた1年あたりの平均額)は

  • 中学校通学年:53万円
  • 高校通学年:60万円
  • 大学通学年:180万円

程度と言われています。(※出展:「赤ちゃんができたら考えるお金の本」より)

そして、年齢差ごとにタイミングが異なってくるのですが、中学と高校入学・高校と大学入学が一度に重なるのが3歳差!塾代や入学費用がかさみます。

特に高校と大学が重なるときは一度に数百万円単位の出費になりますのでそこに備えてしっかり貯蓄していく必要があります。

1、2歳差の場合は1、2年ごとに交互に入学の波がきます。

ただ、特に1歳差の場合は早くに入学ラッシュが終わるので、その後自分たちの老後資金を貯める期間を長く設けられるというメリットがあります。

ですので、

  • 早めに出費がかかる時期を済ませてしまいたい場合→1〜2歳差がおすすめ。
  • 一度に大きな出費がかかるのは避けたい→3歳差は避ける。
  • 二人の入学時期に数年の差があり心に余裕が持てる→4歳差

といった特徴がありますので、自分たちの希望のスタイルに沿って考えてみるのが良いでしょう。

貯蓄が不安な人は児童手当を養育費積み立てに。

二人目 教育費 家計

教育費に向けて、どう貯めたらいいのかわからない、とにかく不安…という場合は、まずは児童手当は全て教育費貯蓄に回しましょう

高校卒業までに児童手当を全て貯蓄した場合、総額で約200万円になります。

この分は大学費用として最低限確保しながら、平行して貯められる分を貯蓄していくとわかりやすいですね。

今後のマネープランが心配な場合はプロに相談をしてみるのも手。

私自身も出産直前に保険のプロに窓口で相談し、児童手当分をそのまま貯蓄する保険に入り、現在積み立てています。

実は学資保険を想定していたのですが、私の死亡保険も兼ねたものを紹介してもらい、万が一自分に何かあった場合も安心なのでそちらにしました。

高校卒業時を満期にしているのですが、それ以前でもし引き出すとしても、直近の数年以内でなければ元金以上が返ってくるプランなので自分で貯蓄するよりお得です。

毎月当たり前に引き落とされるので、気づいたら使ってしまっていた!なんていうこともありませんしやっぱり自分で貯めるよりも安心ですよ。

もしも、

「今後の家計やマネープランが心配。」
「自分たちにあった貯蓄額や学資保険を知りたい。」

などの思いがあれば、是非プロに窓口で相談してみてください。

自分で保険のことなどを詳しく調べるのは、不可能ではありませんがかなり大変な作業です。

特に忙しいワーキングママはなかなか時間が取りにくいので、大型ショッピングセンターなどに窓があり、休日にお買い物ついでに相談できる保険見直し本舗がオススメですよ。(私も某ららぽーとに入っている窓口で相談しました。)

無理に勧誘されるのかと心配でしたがそういったことも全くありませんでしたので、一度しっかりとライフプランを考えたい方は是非活用してみてください。

>>近くの保険見直し本舗を探してみる。

転職・再就職成功のために。

子育てママの仕事探し応援サイト 1

育児ママが転職・就職活動をする際はどのように仕事探しをするのかが非常に重要です。 求人探しの方法は主に以下の2つがあります。 直接企業に応募する 転職サービスに登録し、希望にあった求人案件を見つける ...

子育て 育児 産休 時短 転職 正社員 2

これまでフルタイムでやりがいのある仕事をやってきた方は、産休・育休中に今後の働き方や仕事について考える方も多いのではないでしょうか。 また、育休復帰して既に働いている方でも、復帰したら以前と待遇が異な ...

育児ママ派遣サービス 3

育児ママがお仕事を探す場合、最初に「地元でパート」と考えがちですが、実は派遣のお仕事がおすすめです。 派遣というと、 短期だけのお仕事 イベントなどの立ち仕事 学生が登録するもの というようなイメージ ...

-ワーママのための育児情報
-,

Copyright© 子育て主婦の仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.